京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

質問:太陽光発電パネルで家の見ばえが悪くならない?

京セラの太陽光発電パネルは他とは違います。厳しい京都の景観条例をクリアし、他のメーカーの太陽光発電パネルでは設置の許可が降りないような厳しい風致地区でも、デザインの美しさで定評のある京セラなら大丈夫!世界中で認められている京セラならではのデザイン力と技術がここにもあります!京セラの太陽光発電は、お客様の大切な家の見ばえが崩れないよう、屋根との一体感を最大限に重視したデザインで、かつ、効率よく発電するように研究を重ねて作られています。これも、材料から製造、設置からアフターケアまで全ての工程を自社で行っている京セラならではの強みです!

強風に耐えられる太陽光発電パネルの傾斜屋根端部設置基準を確立しました!

太陽光発電の設置には屋根の端から10%ずつのスペースを空けることが通常の設置方法だったのですが、京セラは強風に耐える「傾斜屋根端部設置基準」を確立しました。この基準に則って、屋根の端まで有効に活用し、見た目も美しく、発電量も高めることができるのです。

京セラの太陽光パネルは屋根の端まで有効に設置し、見た目も美しく太陽光発電量も高めることに成功しています。
太陽光発電を切妻屋根に設置する

切妻屋根(きりづまやね)
屋根のてっぺんから地上に向かって2面で本を伏せたようなシンプルな山形の屋根のことです。

太陽光発電を切妻屋根に設置した写真
太陽光発電を寄棟屋根に設置する

寄棟屋根(よせむねやね)
屋根の綿が地上に向かって4方向に傾斜した形で、切妻よりも複雑です。

太陽光発電を寄棟屋根に設置した写真
太陽光発電を片流れ屋根に設置する

片流れ屋根(かたながれやね)
地上に向かって1方向にだけ傾斜がある屋根の形です。

太陽光発電を寄棟屋根に設置した写真
太陽光発電を陸屋根に設置する

陸屋根(りくやね)
傾斜のない、平面状の屋根のことで「平屋根」とも言います。

太陽光発電を陸屋根に設置した写真