京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

質問:太陽光発電は方角や高さで発電量が変わるの?

変わります!屋根の方角によって、年間の日射量が変わるので、発電量も変わってきます。当然、日射量の少ない北側の屋根には設置をおススメできません。その他の方位に分けて設置することは可能ですが、太陽電池は直列に接続するため、別々にけてしまうことによって発電量は少なくなってしまいます。南側を100%の基準にした場合、東と西は82.8%、北側は50%の発電量となります。

太陽光発電は南を100%だとすると北側は50%しか発電しないと考えても良いです。

太陽電池の研究・開発は、もともと京セラが中心となってスタートしています。1984年に設置された太陽電池が、34年経過した今でも元気に発電し続けています。また、原料から全て、自社内で生産しているのは京セラだけです。太陽光発電の始まりから現在まで、その内容を一から十まで知り尽くしている京セラだからこそ、高い技術と志のある、質の高い施工士を育成できるのです!

太陽に対して30度の屋根の傾斜が100%だとすると、20度の角度は98.2%まで発電量は落ちます。