京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

質問:うちの屋根にも太陽光発電を設置できる?

太陽光発電設置前のご相談の中で一番多いのは、「太陽光発電をうちの屋根にも設置できるのか」という内容です。一般的な屋根や屋上など、日が当たり陰にならない場所に施工します。(条件が合えば太陽光発電は地上にも設置できます。)太陽光発電の設置に対して、法律的な制限はありませんが、築30年以上の物件に対しては、施工が可能かどうか、確認が必要です。現地調査をさせていただければ、より正確にお答えできますので、是非お問合せください!

太陽光発電は京都市内も京都府も、京都府外でも、新築でも既築でも設置できるのです!

平成20年度の太陽光発電施工は、新築への設置が35%、既築への設置が65%でした。新築の場合は屋根材として利用できたり、足場を組む費用が節約できるかもしれません。(施工業者によって異なりますので、お問合せください。)既築の場合、30年以上経過している物件についてはいくつか確認しなければいけない事項があります。(次の項でご説明いたします。)

太陽光発電の施工は新築35%既築65%で既築のほうが多いです 太陽光発電は新築でも既築でも設置できるのです!

設置する家屋に対しての法律的な制限はありませんが、下記の内容を確認させていただきます。天井の結露があったり、雨漏りしている場合など、屋根の強度が不足しているのであれば、屋根のリフォームが必要になるかもしれません。弊社は2級建築施工管理技士が在籍しております。ご相談の時に確認させていただきます。

  • 屋根そのものがズレていたり、欠けたり、割れたりしていないか。
  • 屋根の下地(野地板と言います)が腐ってきていないか。
  • 屋根の支柱(垂木と言います)が腐ってきていないか。
  • その他の柱や基礎・壁などが腐ってきていないか。
  • 家屋そのものの構造強度は十分であるかどうか。