京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

太陽光発電はどのくらい環境に貢献できる?

一般的な年間発電量、3キロワットシステムの設置で年間3,000キロワット発電すると・・・

レジ袋製造・焼却時の二酸化炭素排出に換算すると1年間22,239枚分 二酸化炭素排出量を杉の木に換算すると1年間142本分 二酸化炭素の吸収に必要な面積に換算するとテニスコート11面分 原油に換算するとポリタンク41個、約730リットル分 ガソリンに換算すると日本ドライブルート一往復分(約7300キロメートル) 3キロワットの太陽光発電システムをみんなで設置すればきっと10年後の環境は良くなるはず!

石油や石炭などの化石燃料は、使い続ければいずれなくなってしまうと言われています。また、これら化石燃料は、焼却する時に地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出にもつながっています。太陽光発電システムは、発電時に二酸化炭素を排出しません。太陽がある限り、そのエネルギーを活用できます。年々深刻化する資源エネルギー問題や地球温暖化問題の解決に有力な答えのひとつなのです。

トヨタのプリウスにも太陽光発電が採用されています!

日中の駐車時に、太陽電池からの電力によってファンを駆動させ、車内の換気を行います。気温の高い季節でも車内温度の上昇を抑えることができるのです。車に搭載するための、品質を確保するために、耐熱・耐振動・耐衝撃などの項目で厳しい評価試験クリアし、“新型プリウス”に求められる基準を満たしました!!

耐熱・耐振動・耐衝撃・デザイン性・発電能力すべてにおいて京セラの太陽光発電が基準を満たしました

太陽光パネルを美しく搭載するための設計力、見た目の美しさ、デザイン性も評価されました。厳しい品質管理に基づく均一な色合い、反射が少なく濃紺色の落ち着いた色調が特長です。また、発電能力を高めるために表面に微細な凹凸を施しています。これも、製造する太陽電池を一貫生産する京セラだから実現できる品質です。

2010年4月、住宅用の太陽光発電システムを設置された一戸建てのおうちは、累計で601,495件になりました。普及が進むにつれて、量産も可能になり、コストダウンも考えられます。ハウスメーカーでも新築の標準設置が進んでいます!

太陽光発電はこれからも進化し続けます

京セラはこれからも、太陽光パネルの研究・開発を進めていきます!世界最高水準をさらに向上させ、次期文明のために高効率の太陽光パネルの生産を目指します!京セラソーラーFC京都西は、そんな京セラの太陽光発電システムで京都の屋根を埋め尽くし、皆様のご家庭に笑顔をご提供できますように努力してまいります。ご不明な点やご質問、シミュレーションやお見積り、メンテナンスのご相談など、何でもお気軽にお問合せください。よろしくお願いいたします!