京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

天気や季節で発電量は違うの?

実は、結晶型の太陽光パネルは温度が低いほど、発電効率が上がります。夏にたくさん発電するわけではないのです。一番影響があるのは日射量で、実際に発電量のピークを迎えるのは2月から4月頃です。(気温が低く、太陽の高度が高くなる時期)効率よく発電する気温は25度くらいで、気温が10度上昇すると、効率は4%程低くなると言われています。標高が高く、気温の低い北アルプスに設置された太陽光パネルは、定格出力を上回る ときがあるそうです。

たとえ曇りでも雨が降っていても、少しでも太陽光があれば、発電量は落ちますが発電します。豪雨や分厚い雲が垂れこめて太陽光が届かないようなときはストップしますが、雨でも曇りでも太陽光は届いています。わずかのエネルギーも無駄にすることなく電気を生み出しています。

太陽の気温が高すぎると発電効率は落ちる 日射量が多く気温が25度程度が太陽発電効率が良い 雨や曇りでも日射があればわずかでも発電する