京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

太陽光でどのくらい発電できるの?

平均すると3キロワット程度のシステムを設置される方が多いので、3キロワットシステムの場合を申し上げますと、年間を通して合計約3,000キロワットの発電量があります。、3キロワットシステム、と言いますが、それは瞬間最大出力のことで、実際に様々な要因(日差しの量や太陽光パネルの面積・パネルそのものの変換効率・設置場所・その他ロス率など)によって、定格出力の70~80%程度の出力となります。実際に設置される場合は現地調査にお伺いし、設置場所の状況を見ながらシミュレーションさせていただきます。

この画像の家で年間約3000キロワットの発電量

実際の発電量は公称最大出力から以下の要因 などを差し引いたものになります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 1日の平均日射量
  • パネルの高さや角度
  • 気温(25度くらいが理想的)
  • 雨や曇りの日
  • その他機器(パワーコンディショナや接続機器)を動かすためのロス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▲エコノルーツ〈type J〉
公称最大出力 249W × 16枚 = 3.98キロワット
太陽光発電についてよくあるご質問その1
キロワットとキロワットアワーは何が違うの?

kW(キロワット)は瞬間的な発電力の事を言います。又、kWh(キロワットアワー)は1時間あたりの発電量の事を言います。

3キロワットシステム設置の理想で1日12~17キロワットくらい発電します
太陽光発電についてよくあるご質問その2
太陽光発電パネルの変換効率について

太陽光パネルの変換効率というのは、太陽のエネルギーをどれだけ電気に変換できたか、を表します。つまり、太陽エネルギー÷太陽光パネルの発電量で、おおよそ計算することができます。

変換効率は太陽エネルギーを太陽パネルの発電量で割り、100を掛けたものです