京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

太陽光発電パネルに雪が積もったらどうすればいい?

積雪については対処が必要です。太陽光パネルの上に雪がある場合は発電しません。積雪地域に太陽光発電システムを設置する場合は、傾斜角度を35度以上にして、雪がすべり落ちやすいようにします。太陽光パネルは強化ガラスで覆われていますので、普通の屋根よりも雪が滑り落ちやすくなっています。そこで、京セラでは雪が軒先に落下するのを防ぐため、雪止め付き軒先プレートも用意しています。また、雪が良く積もる地域では、太陽光パネル1平方メートルの上に300kgの積雪が設置基準となっています。

太陽光発電パネルに雪が積もると発電しないので、確認が必要です
太陽光発電の雪止め

太陽光パネルの上に積もった雪は、気温が上がると溶けはじめ、少しずつすべり落ちます。しかし、場合によっては大きな雪の固まりとなって、勢いよく一気に落ちる時もあり、軒下は非常に危険です。雪止め付き軒先プレートはオプションとなりますが、雪が急激に軒下に落下するのを防ぎます。

※積雪30cm以下の雪止めを目的とするもので、それ以上の積雪では使用できません。詳しくは弊社へお問合せください。ご自宅の状況を検証しながら、必要であれば、ご提案いたします。