京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

質問:太陽光発電ってどのくらい丈夫なの?

京セラが開発研究してきた太陽電池モジュールは、平均して20年以上経過しても元気に現役で発電しています。1984年に設置された、千葉県の太陽電池が、34年経過した今でも発電し続けています。現在国内で発電中の太陽電池の中で、最も長く稼動しているのは京セラの技術です。設置場所や設置条件によっても異なりますが、世界中のあらゆる環境でがんばって発電中です!

京セラの太陽光発電は1984年から28年間正常稼動しています!
京セラの太陽光発電は1984年から28年間正常稼動しています!
ラクダがしょっている京セラの太陽光パネルはお医者様が患者さんに運ぶワクチン冷やすための、腰に下げた冷蔵庫に電気を送っています。まさに自家発電!その他南極でも熱帯雨林でも、世界中のかなり過酷な環境でも大活躍しています。

京セラの太陽光発電は世界水準の耐久性です!

太陽電池性能品質テストの基準をクリア!

京セラの太陽光発電システムは、世界中で供給されている製品の安全と品質を認証する国際第三者機関で実施された、太陽電池性能品質テスト「長期連続試験」において、太陽電池業界で初めて認証されました。

このテストは、一般的な国際基準となっている「国際電気標準会議」よりもさらに厳しい条件化で、約1年間、より自然環境に近い状態で「高温高湿」「温度サイクル」「結露凍結」[バイパスダイオード(パネルに不具合が発生した場合に電力の低下を防いだり、破損からパネルを保護する働き)」の全てにおいて、基準をクリアしたことが検証されました!

また、世界第1位の太陽光発電大国となったドイツの商品品質比較テストにおいても、京セラの太陽電池パネルが評価されました。15製品の中で、最高評価となるGUT1.9を獲得しています!京セラの太陽光発電は世界基準をしっかりクリアしています。

ドイツの商品品質比較テストにおいても最高評価!
世界に広がる太陽光発電は京セラ!